冷却期間の有効的な使い方

復縁を成功させるポイントはいくつかありますが、その1つが復縁の成功を信じることでしょう。
復縁に関してネガティブになる気持ちも分かりますが、「どうせ、復縁なんてできない」とあきらめてしまうと、復縁のために行っている行動の全てがマイナスへと転じます。
人間の心理は不思議なもので信じればよい方法に、信じなければ悪い方向に向かってしまうものなのです。
「信じるものは救われる」と言うでしょう。心からまず信じることが大切なのです。
次に振られた相手と復縁をしたい場合は冷却期間が必要だということ。
この期間に相手にしつこく連絡を取ったりせず、まずは自分自信を見つめ直し、自分磨きに時間を使いましょう。
相手は自分のどこに不満を感じていたのかをよく考えましょう。
理由がわかれば後はそれを変えていけばいいのです。
しかし、変えると言っても難しいですよね。
だから、自分磨きが必要なのです。
欠点を補って余りあるあなたになれば彼が振り返ってくれるかもしれません。なので冷却期間は必要なのです。
htrstr
ある程度の冷却期間が終わったら、少しずつ連絡を取ってみましょう。
この時返事がなくても催促してはいけません。あちらから連絡が来たらラッキーだと思う程度にいきましょう。
メールする場合は差しさわりのない内容で手短にしましょう。
これは相手が返事をしやすくするためです。復縁に関する話を持ちかけるのはもっと後からにしましょう。
長い文書は相手も読むことが面倒になって、結果、返事がきにくくなります。
なので長すぎず、他愛のない会話から始めましょう。そこから少しずつ復縁につなげていけるといいですね。

関連トピックス

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫